HOME>アーカイブ>出会いから結婚までトータルでサポートします
カップル

異なる方法でパートナーを探す

結婚相談所は2種類のタイプがあります。データマッチング型と仲人型です。異性を紹介してもらう方法が異なるので、自分に合ったタイプを事前に見極めましょう。データマッチング型ではデータ上から異性を探してアプローチできます、まずはメッセージでやり取りし、互いに興味を持てば実際に会ってみます。大手の結婚相談所ではこのタイプが多く導入されています。自分で良いパートナーを探したい人に向いた方法です。仲人型は担当者がパートナーの仲を取り持ちます。出会いから交際まで仲人がトータルでサポートします。会う場所や服装・話題など段取りを任せられる安心感があります。いわゆるお見合いに近いタイプでしょう。最近ではデータ検索だけでなく、個別に相手も探せる結婚相談所も増えてきています。どちらの便利な点も取り入れることで良い人と出会えるチャンスが増えます。

かかる料金たち

結婚相談所を利用する際は主に5つの料金がかかってきます。まずは入会するのに必要な入会金です。相場は3~10万円とそれなりにかかります。結婚相談所では会員の大事な個人情報が集まります。そのため、登録やサービス開始に手間をかけています。相手を探したり仲人と面談するなどサービスを受けるための投資と考えましょう。登録の際は1~3万円の登録料もかかります。名前や住所だけでなく趣味などの詳細なプロフィールも作成しないといけません。中には会員がどんな人物なのか分析するサービスもあります。習い事の月謝と同じく月会費も払います。相場は数千円~2万円程度です。お見合いをする際も料金を支払う必要があります。1回につき5千~1万円となるでしょう。場所の確保やスケジュール調整が必要なのでそうした段取りが手数料として含まれます。付き合いの結果めでたく結婚が決まったら、成功報酬として成婚料を支払います。数万円から20万円以上と結婚相談所によってばらつきがあります。